ここから本文です

ヘプタレスの特許に変わる技術が出来やすくなる。とゆう意味です。作用点の3D構造の解析はクライオの発表でヘプタレスの意外の他社も追いつきます。後は薬とゆう鍵作りヘプタレスは特許含め先行はしてるがその優位時間はTPP含めても、他技術の出現含めても短くなるとゆう意味。だから社風を嘆いています。根幹技術は肯定していますが、時間的に満身に注意とゆう、論点です。