ここから本文です

買うやつは少なくても良いのだ。
上がるべき時に安値で売りをぶつけてくる空売り機関がいなくなるほうが遥かに良い。

空売り機関がいなくなったら、誰が売るんだ?って話。