ここから本文です

パイプラインは充実も株価は冴えないですね。これもそういうステージだと思って将来振り返ることができれば良しという感じでしょうか。今と比較すると心許ないですが昔のNVA237、QVA149(シーとウルですね)頼みの2〜3相の時も常にホルダー希望の株価にはなかなか到達せず悲願の2000円突破からの半額3桁なんていうのもありました。なんか今と似てますね。最後は田村さん目標額の時価総額1000億円、当時で6000円前後だったかそのあたりまで行きました。前回はシーブリ承認からのウルティ折り込みの2連発でしたが、現行パイプラインは爆竹のような連発が可能ですからね。ひとつ上市すれば残りのパイプラインは承認前でもガンガン折り込んでくれると期待してます。もちろんIRの工夫で上市待たずに株価に反映されるのが一番いいですが、まだ正当評価されてないと思うからこそコツコツ買い増しております。