ここから本文です

>>258

>投与された患者さんがどう感じたかがもっとも重要という意見は非常に危険ですね

Absolutely!

“患者はときに嘘をつく。診察室のpitfalls。”

専門医にはprofessional skepticism(職業的猜疑心)があります。
現時点において、SB623の効果をすべて信じている専門医はいないと思います。(^^)。

Strokeに掲載されたPhase I/IIaのarticleにもlimitationの注意書きがきちんと書かれていますから、専門家はちゃんと読んでいると思いますよ。(^^)。