ここから本文です

現在、サンバイオは脳梗塞治験を外部解析機関に委託してその詳細を解析中。
9月11日、再生医療の国際学会があリ、金子開発部長がプレゼンするようですが、解析機関は学会や株主総会を目当てに、あるいはそれを考慮して解析はしておりません。
だから、株価へのこの影響は余りないと思います。過大な期待を抱くのは止めましょう。
大きく動き出すのは2~4ヶ月後の「詳細結果報告」が来てからでしょう。
サンバイオはスズケンとの流通での提携や患者サポートシステム共同開発など、SB623販売の基盤を着々と整備しています。
そうしたことに自信を持ち、もう少し長い視点でサンバイオを応援していきましょう。その方が精神的に楽な気がします。