ここから本文です

中国の人口13億8千万人のうち、COPD疾患の発症が顕著になる40歳以上の人口比率はおよそ55%。
現在はその13.7%がCOPDの治療を受け、比率は10年後に67%に昇ると推計されているのだから、薬の発売額が兆円単位になることは間違いないだろう。
つまり、そーせいグループが受領するロイヤリティは1,000億円単位になる。
これまでとは0の数が違う別世界😀