IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アンジェス広報ブログより

現時点では、数千~1万の症例という海外のような数字での展開は求められないと考えています。一方将来的に当局から海外と同程度(の規模の治験)が求められる可能性はあると考えていますし、海外の治験についても考える必要があると思っています。

また、自分の国でも開発してほしい、合弁で開発の機会を作ってほしい等、海外から引き合いがあります。ただし私どもは、国内での開発が最優先と考えておりますので、優先事項を明確にした上で、海外展開をどこまで出来るか検討しております。