IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ファイザー社やモデルナ社のワクチンは正式な承認ではなく、緊急使用という枠での承認であるが、日本の制度には緊急使用の枠が無い。森下寄附講座教授は、日本でも緊急使用の制度の導入か既にある期限条件付き承認制度の活用などを行い、接種した人が新型コロナウイルスに感染するかしないかを数万人規模で後から調べていくべきだと主張。日本でも現在感染が拡大しているため、今後欧米からワクチンが入らなかった場合、非常事態に陥るかもしれない。先を見据えた代替手段が必要だと話す。