ここから本文です

>>737

早速の返信ありがとうございます。鍵本社長の貸株が私腹を肥やす目的かどうかは知るところではありませんが、野村證券証券は予約権を行使する期間中の株価の高騰を抑え支払い金額をできるだけ少なくなるようにするのでしょうね。営利会社ですから当然です。ただヘリオスとしては計画した調達できる時期が遅れたり、調達額が集まらないので困りますよね。調達の速度と金額のバランスですね。この辺は社長や経営陣の判断に任せるしかないかと思います。
行使する期間は三年間有りますから、この間に脳梗塞や加齢黄班変性ーーーの試験が進んで良いIRが出せれば嬉しい。
では