ここから本文です

ITK-1の成功確率は決して高いわけでもなく、むしろ低い方なんでしょうね。
指数の下落につけ込んでガンガン売ってくるのも、結果発表が近づくに連れて失敗の方向に不安な個人がいることを見越してのことでしょう。キーオープンとなったデータもまだ解析中、結果もいつ出るかは定かではない…。

ちょっと不安を煽ればすぐ手放す個人がいるんだから売らない機関の方がおかしいはず。
まあ指数が安定しない限り当面ブライトも株価的には厳しいでしょうなぁ。
株価なんて見ずに仕事でもしてたほうがマシってレベル。
いつぞやみたいに来年まで冬眠しますかねー。