IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>682

同社では、HGF タンパク質製剤(KP-100IT)の市場規模を最大で、脊髄損傷急性期「国内 100 億円、海外 500 億円」、ALS「国内 200 億円、海外 1,000 億円」、声帯瘢痕「国内 50 億円、海外 300 億円」と推定しているが、前述のように、例えば声帯瘢痕が分 類される「線維化疾患」は、肝硬変、慢性腎不全、心筋梗塞など患者数が極めて多い疾患である。またその他、認知症、脳梗塞、 のほか、糖尿病性腎症、血管障害、喘息などの難治性疾患への適応拡大の可能性も高く、その範囲は極めて広い。 新規再生治療薬による新規市場開拓にも積極的に取り組んでいく考えだ。

4884 - クリングルファーマ(株) 同社では、HGF タンパク質製剤(KP-100IT)の市場規模を最大で、脊髄損傷急性期「国内 100