ここから本文です

空売り機関や空売りAIは人間の心理を熟知しています。
同じ株数売るにしても、
どのように売ったら人間が恐怖を感じて損切りするか、
データなどから把握していて、
個人投資家の損切り玉を拾って儲けています。

材料もないのに株価が急落している場合は
空売り機関の株価操作の疑いが強いです。
毎朝寄り前の大きな売り板も買う気をそぐためのものです。

ただ空売りした株は最終的には同数買い戻す必要がありますので、
急落したところで投げ売ったりしなければ、
勝率は高いです。