ここから本文です

>>2210

①1月までバイオに資金が入っていたこと
②CJヘルスケアとのテゴの特許ライセンス契約締結による、国内導出の思惑
③マルホとの選択的ナトリウムチャネル遮断薬に関するライセンス契約締結
④アスカのの総額12億ドル。

④については、まだ臨床試験にも入っていないのたがら一時金は少額でアスカとラクの契約もそんなにいい条件ではないと警笛鳴らしてた人もチラホラいましたけど、12億ドルか一人歩きした感じですかね。そこに、決算の治験期ズレによる赤字拡大(予測できた)、一時金少ない(予測できた)、中期計画見てアスカの影響全くないやん(これは少し期待してた)で弾けて、バイオから資金が抜けてたのもあるし、トランプや、地合いに乗じた機関のパワープレーで今に至るてとこですかね

あの頃2500越えたあたりからまだ早いなあて見てましたけどね。今回は先々につながる承認ですからね。確実にステージは上がりましたから…