ここから本文です

重症虚血肢再生医療が薬として認められる前と認められた後で、違うものは何か?です。

認められなければ、会社の倒産確立は高かった、または倒産していた、
何度も失敗を繰り返し、最後の認められる可能性に賭けて、そこは運、不運の分かれ道、

私たちのサイコロの目は、幸運と出て未来が開けました。

株価は乱高下があるかもしれませんが、財務内容は健全に成り、のこり400万株の新株発行がありますが、健全な資本が強固に成り更なる再生医療計画がスタートします。

田辺三菱がアメリカでこの薬を売ると、売り上げが16倍になるはず、そしてさらに数年後には売り上げが5倍くらいになるはず。

発行株数とEPS、純利益を想定で計算し、株価がどのくらいになるかを計算するのは楽しい、私は皮算用をしています。

自分の資産=EPS×株価×株数

計算しましょう、自分なりに数字を当てはめて、それが皮算用です。