ここから本文です

本特許は、血圧を上昇させる作用をもつアンジオテンシン II に対する抗体を体内で作り出し、アンジオテンシン II の働きを抑えることで高血圧を治療することを目的とした DNA ワクチンに関する物質特許です。共同研究を実施した大阪大学と共同で特許を出願していました。同じ内容の特許は昨年9月に既に米国で成立しており、高血圧DNAワクチンに関する主要な特許が日米で成立したことになります。