IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

WHOが挙げるDNAワクチンの有用性を確認...
WHOのワクチンガイドラインには、DNAワクチンの特徴として、「抗原特異的なB細胞刺激による中和抗体産生と、ウイルスが増殖している細胞を殺す細胞性免疫も惹起する理想的なメカニズムを有する」、「様々な抗原に対し、容易に対応できる」、「良好な安全性が確認されていて、ヒトの遺伝子への挿入はない」、「ベクターに対する抗体産生がなく、繰り返し投与が可能(アデノウイルスベクターに対する優位性)」などが明記されている。
森下教授は、「大阪大学のP1/2試験で、その通りのDNAワクチンの有用性が確認できた」と強調。