IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

タコシールとサージセルはどちらもガーゼ状の止血剤であり、内視鏡での使用はそもそも想定されていない。

さらに、ベリプラストは内視鏡術式における止血は目的に含まれるが、なんといっても血液製剤から作られるフィブリン系の止血剤であり、その性質上、使用前の患者からのインフォームドコンセントの取得、使用直前における二剤の混合など極めて使用までに手間がかかる。そして様々な副作用が報告されているなど、PuraStat の優位は動かない。

内視鏡領域でライバルとなる可能性があるとすれば、バードのアリスタ AHだが、これもパウダー状の止血剤であり、Cook の Hemospray や EndoClot と同様に、術式を止めざるを得ないという大きな弱点を持つ。さらに、止血効能においても、止血までの時間が PuraStat よりかなり長くかかるうえ、場合によっては圧迫止血をする必要があるなど、これも内視鏡領域での使用に置いて、PuraStat の優位は間違いがないものと予想する。

そして極めてつけだが、当然ながら、これらの止血剤には「後出血予防効能」や「創傷治癒効果」などは一切期待できない。

以上の事から、内視鏡領域はもちろん、腹腔鏡使用下における止血や血管外科領域でも、これらの止血剤に対する PuraStat の優位性は、十分に期待できると思われる。

  • >>917

    夜中までレポートありがとうございます。

    だんだん行けそうな気になってきているが、まだ全玉集中までには行ってない。ペプタレスを買収した後のそーせい分割前の2000円とか、オンコリスの昨年夏の600円台とか、全玉集中した上に知り合い皆にも買わせまくった頃に雰囲気は近づいて来ているとは思うけどね。

    次の第1四半期の業績のまずまずの伸びと、中間決算での富士フイルムの業績の寄与が確認されたときに一気に吹っ飛ぶんだろうねぇ。その時は1000円ごときで売らされるなよ?(笑、目指すのはここから一年以内の10バガー。

    その日までもう少しの辛抱だと思う、追加入れるための資金を用意しながら暫し待とうか…

  • >>917

    結局、あなたが手術を受けるときに、どの止血材を使ってもらいたいかって事じゃないかな。
    僕は再手術とか副作用とか嫌ですけど。

  • >>917

    PEPさん昨晩の投稿、読まれていない方へ。小生保持に自信。
    > タコシールとサージセルはどちらもガーゼ状の止血剤であり、内視鏡での使用はそもそも想定されていない。
    >
    > さらに、ベリプラストは内視鏡術式における止血は目的に含まれるが、なんといっても血液製剤から作られるフィブリン系の止血剤であり、その性質上、使用前の患者からのインフォームドコンセントの取得、使用直前における二剤の混合など極めて使用までに手間がかかる。そして様々な副作用が報告されているなど、PuraStat の優位は動かない。
    >
    > 内視鏡領域でライバルとなる可能性があるとすれば、バードのアリスタ AHだが、これもパウダー状の止血剤であり、Cook の Hemospray や EndoClot と同様に、術式を止めざるを得ないという大きな弱点を持つ。さらに、止血効能において
    も、止血までの時間が PuraStat よりかなり長くかかるうえ、場合によっては圧迫止血をする必要があるなど、これも内視鏡領域での使用に置いて、PuraStat の優位は間違いがないものと予想する。
    >
    > そして極めてつけだが、当然ながら、これらの止血剤には「後出血予防効能」や「創傷治癒効果」などは一切期待できない。
    >
    > 以上の事から、内視鏡領域はもちろん、腹腔鏡使用下における止血や血管外科領域でも、これらの止血剤に対する PuraStat の優位性は、十分に期待できると思われる。