IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

After COVID-19 or With COVID-19 という状況下で、内視鏡検査や手術をどのように実施すべきかという問題は、欧州の内視鏡学会で、今回の感染拡大初期から、真剣に議論が行われ、既にガイドラインが決定されている。

どのようにして、患者からの感染を防ぐかという細かい手順に始まって、どのような種類の患者を優先するかという事まで、極めて詳細に決定が為されている。

最初の内こそ対応が後手に回り、パニックの様相を呈した欧州の医療機関だが、それを教訓にどの領域も、今後の有り得るシナリオに備えを行っている。

COVID-19 感染拡大下でどのような患者を優先的に扱うかという一覧表があるので紹介しておこう。

PuraStat を使用する多くの処置が、最優先、又は優先実施されるものに含まれている事がわかるはずだ。

前期 4Q のベースラインが予想より高かった要因のひとつがこれだと個人的には考えている。

7777 - (株)スリー・ディー・マトリックス After COVID-19 or With COVID-19 という状況下で、内視鏡検査や手術をど