IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アビガンが忘れれて急に相場がついた。
このザインの検査器だが水面下では動いてるはずだ。
つまりひと月前と比べ圧倒的に世界的な需要が認められてる。実はブイキューブとう銘柄を持っていた。需要があるのにチャートを見ると大きく売られたりしている。
何を信じればいいのか。
それは需要があるかないかであってチャートじゃない
チャートは期待で上がる。
先に儲けた人がいて後から買う人が損切りする。
それが原因だ。
どこか機関がコロナ対策銘柄として注目して買い集めるといくらで上がる。
どう考えてもこのシステムは大量に導入される