ここから本文です

米中、貿易協議「第1段階」合意 追加関税の発動見送り 来月めど署名

12/14(土) 7:48配信

時事通信

 【ワシントン、北京時事】米中両政府は13日、貿易協議の「第1段階」で正式合意したと発表した。

 15日に予定していた米国の制裁関税と中国の報復関税の発動を見送るとともに、米国は発動済みの追加関税の一部を引き下げる。関税緩和の動きは貿易戦争が本格化した昨年夏以来初めてで、米中関係は大きな転換点を迎えた。

 中国政府の発表によると、第1段階の合意は農産品、知的財産権の保護、技術移転強要の問題、金融サービス、為替、貿易拡大、紛争処理など9項目。来月をめどに両国の閣僚級がワシントンで合意文書に署名する方向だ。