ここから本文です

株価が上がってくると「社長の発言」が重みを増す!!
「製薬大手への導出契約を年内に結び、ジャスダック市場への上場を維持したい」
(7月31日版、日経バイオテク野村和博記者)

参考までに、先日、前臨床段階で契約一時金20億円、マイルストン総額450億円で「導出」した「カルナバイオ」がこの発表翌日からストップ高の連続で株価は
900円→3000円になりました。

ここは、前臨床ではなく、第一相、第二相をへて、第三相段階まで来ていますから
契約金額もけた違いになるのではないでしょうか。

岩城社長!!ここで一転、名誉回復してください。
期待しています!!!!!

  • >>8

    最長不倒の導出なし連続記録更新中の社長の発言の重みがましますね。


    2005年12月開示 MN-001 気管支喘息2相試験。主要評価項目達成。三相準備とライセンス導出交渉に着手
    2006年説明資料 2006年度の課題は導出提携の強化
    2007年インタビュー MN-166は現在、導出する方針で欧米の製薬企業と交渉を進めており11年の承認申請を目指している
    2008年11月株主通信 MN‐166は現在複数の製薬会社とライセンス導出に向けた
    交渉を進めており数ヵ月以内にはライセンス導出を行う予定。交渉先は欧米の大手製薬会社が中心
    2009年報道 米アヴィジェンを買収‐MN-166の交渉再開へ 早ければ10年第一四半期にも導出へ
    2010年初頭株主通信 薬MN-166は2010年上期に他社への導出が期待されています
    2011-12年説明資料 2012年の予定 導出活動について
     1 イブジラスト グローバル・パートナーシップの締結
     2 MN221 日本を除いた地域パートナーシップを締結
    2013年モーニングスター 3月の事業説明会で社長は「MN-221の第Ⅲ相については現在パートナーと戦略的なデイスカッションを行っている最中で、2013年のなるべく早い時期に導出契約を締結したい」と発言
    2014年モーニングスター MN001は、過去に気管支喘息及び間質性膀胱炎治療薬として2相試験まで終了しており、今回の前臨床試験で効果が確認されれば、早期の導出が期待される
    2015年モーニングスター MN-001 同社はパートナーなしで1億円程度を拠出し、 14年下期から半年程度かけてフェーズ2a治験を行う予定。その後フェーズ2b治験には追加の開発資金獲得が必要になると見られ、導出や助成金の獲得が予想され る。
    2016年 1月報道 メディシノバ-大幅続伸 社長岩城裕一氏のインタビュー記事を材料視 今年の夏には複数の治験結果がまとまる見通し。すでに数社の製薬会社から提携のアプローチ
    2017年は中盤に150の導出ミーティングを断って50社とミーティングしたという話が報道,11月株主通信に導出活動邁進
    2018年2月 説明会 3つ適応ほしい所、MSだけほしいと所があり覚醒剤が失敗したなら導出は単純
    2018年7月 説明会 end of phase 2 meeting前に提携ほぼ決定

    4875 - メディシノバ 最長不倒の導出なし連続記録更新中の社長の発言の重みがましますね。   2005年12月開示 MN-0