IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>94

> そーせいの株価を見れば市場は全く評価していないと言えるな。
> まあ、まだまだ市場との対話が不足しすぎているのだろう。
> それしか考えられない。
> 出来高を見ると、ほぼ完全に無視されている。
> そろそろ今年の前半が終わる。
> 半年間、何をやっていたのと聞きたいな。

たしかに、会社側の無策(=無力)と市場の低評価(=空売り外資の誘導・操作)は重大な要因である。
ただ、株価低迷の最大の要因は、外資機関の”理由無視あるいは後付の暴力的空売り”であることを、全員で共通認識したい。

それを動機付け、可能とするのは、信用買い残の多さと貸し株制度であり、
そして、これは、”個人投資家と株主が責任を負うべき”要因である。

『もう随分下がったからと信用で買う。
さらに50円も100円も下げられて、こりゃたまらんと損切りする。
さすがにもう上がるやろうと信用で買う・・・ふたたび損切り。』

入れ替わり立ち代わり・・・もう何年もこれを繰り返してきた。
信用買いは悪魔の餌。もしたまに儲けても最後は結局損して、外資空売りの餌食となる。

このところも、ちっとも買い残が減らない。
空売りの原資となる貸し株も、(その益はわずかであろうに)減ってないと思う。
各人が、その辺を理解して行動してくれたらと切に思う。

”外資空売りは、テロリスト集団”である。
理由・理屈はなく圧倒的武力を行使する。
儲けるために一般市民をターゲットに無差別攻撃する。

とくに、マザーズ市場は、やりたい放題に放置されている。歯止めがない。
”デビルズ”と、市場名を変更したらと言いたい。

残念だが、これが真実。
取引委員会や監視委員会に訴えるすべはないのだろうか。