ここから本文です

>>973

私は、もうこれからのアンジェスは
 実をもって市場に確かな形で応えていく<銘柄に転身>が具現化できる体制と
 なってきたことです。
 ひとつ一つの重要パイプラインにおいても念願の第Ⅰ/Ⅱ臨床、つまりPOC取得が可能かどうか、それも約束の1年間を過ぎ、いよいよその成果が次のステップに進めかを待機という、きわめて有難い期間に入ってきます。
 この間、エボラ出血熱抗血清剤が、本物であることが判明するなど、朗報次第によって、想像以上の爆発が期待されます。

 いずれにしてもコラテジェンは製造販売承認を獲得、市販活動が約束されています。このコラテジェンの更なる汎用性も誰しもが承知のものです。