ここから本文です

アンジェスの株価が何処まで行くか、2000円?3000円?5000円?願望もこめて10000円?様々な憶測が飛び交っていますが、
私は、何処まで行くかというより、何処まで持っていくか、何処まで持っていけるかだと思っています。

現在の株価推移から、薬価が決まりその後何らかの好材料が出るのは確実だと思います。具体的には提携が有力でしょう。
それで何処まで株価を上げられるか。
かつてのアンジェスならともかく、もはや仕手株ではありません。
株数もそれなりにあることから、サンバイオやオンコリスのように、一気に上げるとは考え辛い。
更に様々な材料が控えていますから、機関が吊り上げるだけ吊り上げて一発勝負で終わらせるとも思えないのです。
次の相場は、5月から6月にかけて。伸びても7月半ばまでです。(後は夏休み)
そうこう考えると、無理せず持っていけるのは2000円どころと考えます。
勿論途中で2,300円の揺さぶりは頻繁にあるでしょうけど、利確をこなしながらの上げですと、2000円というのは、3000円を見て買って来る人が在ると思うからです。
確証があっての事ではないですが、経験上、4桁になってからの2000円というのは、割と早いんです。
ただあまり早すぎて、出来高が急に膨らめば、その反動も大きく、調整も長引きますから、持って行き方によって その後の展開は違ったものになりますが。

ともかく、2000円までは一度持っていくと思います。

更に言うと、何もなければ夏休みはだらだらさげて、どこかで動かなくなり、その次の相場は10月ごろからでしょう。
1500円どころで止まれば、年末3000円を狙えると思います。
ともあれ材料次第ですが。