ここから本文です

【再掲の情報提供:9月27日からの欧州医療腫瘍学会(ESMO)2019会議で、腫瘍学開発プログラムの幅広さの実証と、複数癌の全体的生存率の改善に焦点を当て、BMS社研究発表します】

★引用:2019年9月19日 米国BMS社プレスリリース
⇒ ttps://www.bms.com/media/press-releases.html

【発表内容】
●CheckMate -227パート1の最終分析。全生存の主要なエンドポイントを満たし、腫瘍を有するファーストライン非小細胞肺癌(NSCLC)患者における化学療法と比較したオプジーボと低用量ヤーボイの優れた利点を実証発現PD-L1≥1%。
●進行性黒色腫におけるオプジーボとヤーボイを評価するCheckMate -067の5年生存率データ。
●切除されたIII / IV期黒色腫におけるオプジーボとヤーボイの補助療法を調査した第3相CheckMate -238試験からの無再発生存率および遠隔転移のない生存率に関する3年間の結果。
●進行性食道癌におけるオプジーボと化学療法を評価する第3相データの最初の発表。これはESMO大統領シンポジウムで取り上げる。
●CheckMate -358の併用コホートの子宮頸がんにおけるオプジーボとヤーボイの中間結果。
●各患者固有の疾患生物学に基づいた、より正確でカスタマイズされたケアへのアプローチを可能にするための新しいバイオマーカーと診断経路を調べる革新的なトランスレーショナルリサーチ。
●第二選択肺癌、頭頸部癌、黒色腫の実世界のエビデンス、および進行性黒色腫と腎細胞の標的療法に対するオプジーボとヤーボイの臨床的価値を示す他の新しいタイプのエビデンスを含む健康経済結果研究がん。

9月27日から10月1日まで、開催される欧州医療腫瘍学会(ESMO)2019会議で、18種類の腫瘍を対象とした臨床・トランスレーショナル・ヘルスアウトカム研究のプレゼンテーションを発表。 当社が後援する66以上の研究等が発表され、特にオプジーボ及びヤーボイの奏功性向上の併用法を発表。

【コメント】URLにて原文をご覧下さい。
ファンドの仕掛けかは存じませんが、多分、本日後場、小野薬品IR発表してイーブン御の字。でなくば4528株価習性として潜水艦かも、果報は寝て待て 待てば海路の日和あり、投資は自己責任で。

  • >>199

    【関連の情報提供:ブリストル・マイヤーズスクイブがESMOのハイライトについて議論するために投資家のウェブキャストを開催】

    ★引用:2019年9月20日 米国BMS社プレスリリース
    ⇒ ttps://www.bms.com/media/press-releases.html

    ニューヨーク-(BUSINESS WIRE)-(BUSINESS WIRE)-ブリストル・マイヤーズスクイブカンパニー(NYSE:BMY)は、2019年9月28日(土)午後7時30分にウェブキャストを開催します。 CEST(午後1時30分EDT)、スペインのバルセロナで開催された欧州医学腫瘍学会で発表されたデータについて議論します。 会社の経営陣は、会議で発表されたデータの概要を会社の免疫腫瘍学ポートフォリオに焦点を合わせて提供し、投資家やアナリストからの問い合わせに対応します。

    投資家と一般の方は、investor.bms.comでライブWebキャストをお聴きください。Webキャストの前に登録することをお勧めします。 コールに関連する資料は、コールの前に同じWebサイトで入手できます。

    【コメント】【Google翻訳のまま】にてURLで原文からご確認下さい。
    9月27日からの欧州医療腫瘍学会(ESMO)2019会議で、腫瘍学開発プログラムの幅広さの実証と、複数癌の全体的生存率の改善について、BMS社は、かなり自信があるのでしょうか?投資は自己責任で。