ここから本文です

>>475

霊感などというあやふやなものでなくとも、身近な例で言えば、”視線を感じる”ことは誰にでもあると思いますが、その正体も科学的には完全に解明されてないと思います。

人間が人間である限り、科学は万能になりえないと私は思います。
その領域は、危険な神の領域。達してしまうと人類は滅ぶことになるような気がします。

  • >>479

    科学の対象は客観的に観察できる事象のみだ。
    だから、「(後方から)視線を感じた」ときの視線の正体なんてのはそもそも科学の対象ではない。なぜなら、その時点で、この視線は例えばryu氏の主観に過ぎないからだ。
    科学が対象とするのは、まず、「(後方から)視線を感じたと主張する人々がいる」という客観的事象なんだわ。
    ここら辺を履き違えて「科学は万能ではない」というのはステレオタイプの表現ではあるが、お門違いのコメントなんだよ。
    正しくは、「科学は客観的に観察できる全ての事象を対象とした研究、分析の方法論とそれによって判明した事実の集大成」、ただそれだけということなんだわ。
    そもそもが万能かどうかという判定の対象ではないんだよ。