IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こうやってみると今年、子会社上場の材料がきたのと、F351が画期的治療薬に指定されCDEアドバイスで早期の承認を目指す流れになった材料の両方があるのは極めて大きいです。(^^;