ここから本文です

外食銘柄がほとんど該当すると思うが、今月も来月も月次は厳しいでしょう。どの外食銘柄も、飛び抜けて品質とアイデアがある訳ではないので、業界的に衰退するイメージ。その点では軸足を足を外食だけではなく、ウェディングにも挑戦している一家は好感持てる。外食にまつわる広い視野での挑戦を望みます。