ここから本文です

サンバイオのパイプラインは、
脳梗塞(慢性期)
外傷性脳損傷(慢性期)
加齢黄斑変(ドライ型)
網膜色素変性
パーキンソン病
脊髄損傷
アルツハイマー病
抹消神経障害
筋ジストロフィー

時価総額3500円は高過ぎるとか、5000億円は高過ぎるとか
サンバイオのことをよく理解している人はまだまだこんなものじゃないと思っていますよ

今回の外傷性脳損傷の治験成功だけで証券会社は軒並み目標株価を大幅に上げ、シティグループ証券は10000円(時価総額5000億円)まで出してきました

ここから前向きなIR、さらに脳梗塞の治験成功まで行くと目標株価はいったいいくらを出してくるでしょう

ファーマセットがギリアドに買収された2011年は今ほど株式市場は盛り上がっていませんでした
しかもファーマセットはサンバイオより手前のステージでした

それが1兆2500億円という価格で買収されたのです
サンバイオがファーマセットと同じ時価総額と見なされれば株価は26000円になります

少なくとも26000円まで上がって不思議ではありません
それでも11/1治験成功発表以前のせいぜい7倍です
見識と握力が試されますね