ここから本文です
1526

みーちゃん 強く買いたい 8月29日 03:15

>>1525

ちょい目が覚めたので一言なwww. 俺はね、ここで   
HF10とかT-VACの宣伝なんかしていないし、OBP-301テロメライシンの方が、
安全性や部位の多様性、製造コスト等においても勝っていると思っているがね!!!
オンコリスの古参株主として、当たり前だろ(笑)

俺が言いたいのは、これだけ!!!  
※昨日から問題となっているアンジェスの薬価の安い60万円の対抗参考となる
「腫瘍溶解フィルス」の相対的な価格(*国際)を投稿しただけね.....
全く別領域の薬で、どうこう言っている馬鹿が多々いたためね(笑)


□腫瘍溶解性ウイルス「HF10」
競合薬はアムジェンのTVECで、単剤での使用で1年間の治療費が約700万円(^.^)

-----------------------------------------------------------------------------------
>>辛口コメント!
HF10は薬剤の特性を詳しく見たら買えないなぁー!テロメライシンの方がはるかに優位なんだよなぁー!
タカラバイオは日本初の腫瘍溶解ウイルスを発売する事になるでしょう。ただそれだけの事!テロメライシン発売まで腫瘍溶解ウイルスの宣伝として評価するよ!
日本で治験が進んでいるのは4剤!
T-VAC
C-REV(旧称HF10)
G47Δ
テロメライシンはアデノウイルスで安全性が優れている。他はヘルペスウイルスで特性が違ってくる。今後タカラバイオは他のヘルペスウイルス由来の薬剤と競合するんだよ!勝てるかな?