ここから本文です

この会社の下請から元請けに転換したいという理想は共感する。
そのプロセスで、下請け注文が減りかといって直ぐには元請け注文が増えないという状況になることも解るし、その間何としても食い繋がなければいけない。そこが会社発展の正念場だろう。
問題は二つ。
一つはここの技術が本当に元請けに値するものかどうかということ。これが否定されたらあとはジリ貧。
一つ目はよいとした場合、二つ目は時間軸の問題。ここ暫くは「過渡期の低利の仕事が間もなく終了し、新しい仕事の注文が沢山控えている」というが、そろそろそれを口先だけでなく数字で示してくれよ。いつまでも同じような説明でのらりくらりでは所謂オオカミ少年になりかけてるよ。