IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

この問題は法人株主の勘違いからきている。事前に賛成の委任状を出していた。だが会場では棄権を意味する白票をだした。その票の取り扱いをどうするのかと、開票作業中に聞いたら棄権として扱われると言われた。慌てて白票は賛成の意図で出したと訂正した。
結局は法人株主の票の取り扱いの考え方の違いからきている。事前にもっと周知させるべきだったね。そこから勘案しても、統合案可決が株主の過半数の総意だと最高裁は判断するだろう。