ここから本文です

郊外ロード脇の和食さとだけではなく、駅前・駅ナカ・駅チカ・商業ビル内に顧客ニーズに応じた業態を開発して出店がおおきな課題だと。H2Oリテーリングとの協業では、この点で大きな焦点になっていくのではないか。
H2Oリテーリングの3%保有は、既存株主からの取得になるもようで、希薄化はない(増資はない)とのこと。H2Oのバックボーンを使い、中計プロジェクトMIRAIのコミットメントに邁進する、と。
環境激変に苦戦。人件費の上がり方がすごい。生産性を上げても全部人件費の上げにのまれてしまう。1円人件費が上がると、○○万円(伏せておきます)の利益が飛ぶとも。