ここから本文です

シエラ社のIRは
・その筋の権威であられるペレルマン大学医学部准教授が「なんかすごくね」といった。
・P1の準備は既に完了済(やろうと思えばすぐにいつでも実施できる状態)
・他PLの進捗と手元資金の兼ね合いで今すぐには出来ず、最適なタイミングを探している。
再導出の交渉をやっているならそれがまとまるか、増資の折り合いがつけば、P1を始められるという事だろうね。海外は公募増資ですぐに資金が来るから増資かな。