ここから本文です

【情報提供:製薬大手がこぞって注力 各社の「がん事業」はどこまで拡大したのか】

★引用:2017/06/19 AnswersNews ⇒ ttp://answers.ten-navi.com/pharmanews/10289/ 

国内外で急速に伸びる抗がん剤市場。米クインタイルズIMSによると、日米欧など主要14カ国の市場は2011~16年の5年間で年平均10.9%増加。21年まで最大年12%成長すると予測されています。高成長が見込める数少ない領域だけに、国内の製薬大手もこぞって力を入れています。各社の最近の動向をまとめました。

INDEX
•がん領域売上高 武田・アステラスが3000億円超
•世界市場 21年に16兆超え予測も…国内各社が集中投資
•欧米大手との差は歴然

小野薬品工業は免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」が国内でブロックバスターに成長し、がん領域での存在感を一気に高めました。

数少ない成長分野をめぐる競争は、世界レベルで激しさを増しています。日本企業のパイプラインにも多くの品目が開発後期段階に控えており、ファースト・イン・クラス、ベスト・イン・クラスとなる可能性があるものも少なくありません。日本企業が欧米大手と伍していくには、こうした品目の開発をスピーディーに進められるかがカギとなります。M&Aやアライアンスを通じたパイプラインの強化も欠かすことはできず、がん領域への投資は今後も膨らんでいくことになりそうです。

【コメント】一部抜粋なので、全文をご覧ください。
あと数年はBMS社&小野薬品が先行者利益をガチホして逃げ切る?小野薬品の行動基準の様に果敢に攻めるべし!

4528 - 小野薬品工業(株) 【情報提供:製薬大手がこぞって注力 各社の「がん事業」はどこまで拡大したのか】  ★引用:2017/