IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>719

> このような状況でエクイティファイナンスなどできるはずがありません。誰が引き受けるのですか?足長おじさんがいない限り、将来の成長が見込めない中、残念ながら流石の野村證券も引き受けません。自称IR担当より。

公募は無理だろう。それこそ誰が引き受けるのかとなる。このような状況であるから
MSCBかライツイシューで増資をするしかないとみる。MSCBは引き受けた証券会社が確実に儲かるので可能 ライツイシューも市場を利用するので可能 株が大きく下がるのは避けられないが。ライツイシューは最近の事例ではカイカがある。出来る。