ここから本文です

日本じゃ太陽光が1kwhあたり十ウン円で四苦八苦しているのかな?でも世界的にみると、トップランナーはそろそろ1円割れかもね。
2か月ほど前、米サイエンス誌に日独米の研究機関が共同で論文を発表してたけど、それによると;-
太陽光って、世界の多くの地域では既に最も安価な発電手段になっているんですね。加えて、今後もコスト逓減が進み優位性が更に増すことになりますし、2050年までには、現在の電力需要(20兆kwh)の1.5~3.5倍程度(30~70兆kwh)の電力が太陽光で賄われることになるってさえ予測されてます。18年末の太陽光の設備能力は500GWだったのが、2030年までに3,000~10,000GWに拡大し、2050年には30,000~70,000GWですって。2050年には総エネルギー需要(電力換算で120兆kwh弱)の6割程度が太陽光発電によって賄われる可能性も少なくはないようです。