ここから本文です

ここは、来年の内定者が44人いるとのこと。
今年も約40人採用している。
220人だったのが、300人の社員数になる。
第一四半期は赤字であったので、それでもまだ採用を増やすのは、
頭おかしいと思われる。普通は、採用を抑制するはず。
このまま、赤字が続けば、市場からは見放される。

ということは、黒字になる自信があるのであろう。

来年は、どうするのか。博多劇場の出店だけのために44人も採用
したのか。となると、第二の結婚式場の予定でもあるのか。

少し妄想してみたが、何か計画があるのは、確か。

すべてが計算はずれになったら、ここは将来いなくなっているな。

タスコシステム、ゼクーなんて銘柄もあったことを思い出す。