ここから本文です
  • >>26

    同感です。

    黙って大切に握りしめているだけでいいと思います。

    これから、必死に上下に揺さぶりがあるかもしれませんが、所詮ノイズです。
    業績はうなぎのぼりで増加してくはずです。

    株価もそれに連動してくると予想します。

    その根拠となる参考補足ですが、フィスコの昨日の報道内容の中で、限界利益率が高いので売上が増えると利益は大きく伸びる との趣旨が述べられています。

    これを簡単に言えば、、ソフトシステムを販売し、しかもクラウドのインターネットを介する販売をしているので、メーカのような材料費の変動費はほぼゼロというう有利な財務利点があることです。

    費用は概ね人件費のみ。従って人件費をカーバーするところまで売上を確保すれば、それ以上の売上は、そのまま利益になります。
    その売上は、損益分離点売上と言いますが、それを超えると一気に利益は急上昇になります。

    そのことが見えて来ているのでしょう。
    第三四半期決算が12月ですが、今日で11月に入り、いよいよ近ずいて来ました。