IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アップルは毎週のように特許を取得ないし出願しており、そのうち実際の製品化に漕ぎつけるものはごく一部に過ぎません。この特許もアイディアのまま終わる可能性もありますが、ともあれ同社が視力補正に関心を抱いていることは示されています。

最近も有名リーカーのJon Prosser氏が「Apple Glassは2021年前半に発表」と示唆していましたが、その際には「追加料金で度付きレンズも入れられる」と述べていました。

すなわち、もしApple Glassが現実に発売されたとしても、少なくとも初期バージョンでは別料金なしで視力補正が可能な要素は実装されず、今回の特許をベースにした機能は後継モデルを待つ必要があるのかもしれませ