ここから本文です

みなさん、猛暑でお疲れ? それとも、今日の決算発表後の激論のために
体力温存? 16:00以降は大変な騒ぎになりそうな予感(笑)

全英女子、渋野日向子プロが絶好のスタート。失敗しても、いつもニコニコ
プレーする彼女は好感が持てます。笑顔も可愛い。是非、一度見て下さい。

ちょっとマジメな話し
<F先生から、夏休みの宿題>
7/30 化学療法前にF先生と面談。
○化学療法を継続するとしても、限界がそのうち来る。
○最長で7~8年かも知れない。
○現状、VGPR(部分寛解)からSCR(完治)、CR(完全寛解)へ移行させるには
 同種移植が有効。自家移植は2回実施しているので、3回は考えていない。
○同種移植を実施するとしたら、2~3年以内が目安か・・・。
○悪化してからの同種移植は意味が薄れる。良い状態の時の方が成功確率は高い。
○この夏の宿題として、考えてみてはどうか・・・。

F先生・・・かなり重い内容ををサラっとおっしゃいます。(^^;)
同種移植は、ご存じの通り骨髄バンクからドナー紹介、血縁者、臍帯血が
あります。
いずれにしても、他者の造血幹細胞を移植するため、自家移植より高い
リスクを伴うことは間違いないです。

「出来る治療は全てやる」と決めてはいるものの、厳しい選択です。。。