ここから本文です

民間工事・公共工事を問わず、 入札に参加する際に提出すべき 『 反社勢力の排除に関する誓約書 』 .....


今次 第三者委員会により、森岡代表の 「 接待交際、反社会的勢力ないし密接交際者との交遊 」 が 認定されたことにより、 今後 入札には参加できなくなった。
今までの入札へは、 虚偽の証明書類を提出をしていたことになる。

氏が、 未だ ボードのメンバーに名を連ねていることは、 言語道断というべきで、 改善を期待することは出来ない。

この事態を ステークホルダー は どう判断するのだろうか ?