ここから本文です

>>804


>参考までに
>昨日国立遺伝学研究所創立70周年記念公開講演会に参加しました。
>たまにはこういう話を聞くのも有益かなーって思い聴講したのですが
>まさに衝撃的な内容でした。
>アブドラ国王科学技術大学栄誉教授の五条堀先生の話が特に印象的です。
>いまやMaaS(Mobility as a Service)からDaaS(DNA as a Service)
>の時代に入っている。例えばヒトの遺伝子からがんの種類や転移といった
>病気だけでなく年齢や喫煙歴、幼児虐待をうけたかどうかも高い確率で
>推定できるし、海水内にある大量の遺伝子断片を解析し生物の種類、量を
>推定し漁業にも役立てる事ができる。
>キーワードは バイオーム、メタゲノム、エピゲノム、トランススクリプトーム
>興味のある方はお調べ下さい。
>海外では臨床だけでなくこういった基礎研究分野もすざましい勢いで分析が
>なされているようですが基本は核酸抽出とDNA解析です。
>ただし次世代シーケンサーについては日立中央研究所が革新的手法を
>開発して以来日本は研究費をケチっている間に欧米企業から大きく水を
>あけられ今は太刀打ちできない云々の話もちょっと聞きました。
>残念、、、

こんにちは、次世代シ-ケンサ-については日立中央研究所が革新的手法・・・・
の内容を調査中です。
日立ハイテクはピーちゃんの単離ノウハウに着眼したのかもしれませんね。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶o(^-^)oワクワク