ここから本文です

結果論だから批判はしないが、最初のパンフレットは全く間違いでした、と謝った方がいいんじゃないかなあ。

ライフネットは、保険料が安い理由として、営業社員が要らないから、と大きく広告してたんだよね。
でも、営業経費55億円掛けて新契約が33億円くらいなら、ネットでも代理店中心のオリックス生命でもコストは変わらない、ってことじゃないでしょうか?

よく考えると分かるけど、もしネット生保なるものが存在するのであれば、オリックスにしろ、SBIにしろ、住友生命にしろ、競争相手はみんな無茶苦茶お金を持っていて、使い道がなくて困ってるんだから、100億円でも300億円でも広告宣伝費を使って、ネット生保を本格展開するはずだ。

それをしないのは、いくらコマーシャルを流しても、取れる契約には限度があって、結局、人手を使って代理店で契約取ってもらう方が効率がいい、ということだと思う。

それと、今後、ほけんの窓口と提携を強化するとのことだが、どの保険会社も大手代理店とは必死で関係を強化しているので、どこまで効果があるか、ということにならないか?

まあ、俺も株主だからライフネットには頑張ってほしいんだけど、世の中競争は激しいね、と思う。