ここから本文です

今更だが短信読み込んだ。
いやこりゃ酷い買収だ。 IDTの。

NonGAAP て結局のところ、償却費見ないフリのご都合数字さな。
IFRS 基準の害悪ならでは、だ。

さて。(復調した場合の)実力数値を妄想したい。

コンセンサス営業益で 2019.12期 38b 2020.12期 69b
売上と利益率から推定でも 売上 800b 営業益 96b(営業益率12%としても)
ざっくり 営業益 70b としても(38~69~96b の中央辺りから)

のれん 911b 20年償却換算で -45b/年
妄想日本基準相当
 営業益 25b 純益 20b(営業益80%として) 一株益 12円 辺り
 株価 600円 で PER 50

お話にもならん水準だ。 なんだこりゃ。
武田薬品も、イカレたIFRS背景の大型買収にひとまずの市場判断が下された。(ただしあちらは割高ではあるが現実の範囲内だ)
ルネサスはこれっから市場の厳しい査定に晒されるだろさね。
ショート大幅増。 長期継続で行く。

こりゃ・・・国富流出案件だろうもはや
大口株主には金融経済観点で手綱取って欲しい・・・
なんで通る こんな合併が