ここから本文です

投稿コメント一覧 (1408コメント)

  • >>No. 117

    ソフトランディングなんてぇ幻想が消え去ろうとしとる今
    小口個人がプライベートエクイティを間接的にショートできるというここのありがたみ

  • ARM社の2~3年後の利益規模はさ 良くても¥100B~300B

    でも、ここの本体はVFなんだ
    VF と のれん が1~2%下落するだけで、ARM利益が消し飛ぶ そういう規模差だ
    ARM社の成長は喜ばしいけれども、気を取られ過ぎだ

    ソフトランディングなんてものはない そういう当然のコトが、今更認識され始めた
    だから米債市場は大騒ぎ

    VFの評価額がどうなっちまうか ホント、素で考えるべき


    のれん 5,400B
    SVF  10,700B
      計 16,100B (参考: 純資産 11,700B)

  • 景気サイクル終盤の中銀として、パウエル氏は責任回避の先手を打っとった
    下方リスクに警戒していますよ と
    だから米債は上昇、株式のリスクプレミアムも圧縮されとった

    でも ここにきてインフレのこの粘着性だ(まぁインフレてな昔からそういうものなんだが)
    中銀としちゃメッセージを打ってくるのじゃなかろかね
    データ次第だ 上下双方向リスクに警戒する  それを織り込みつつある過程だろかね

    したらさ VFみたいな将来利益を当てにした資産評価にゃどう効くか?
    巻き戻しさね  下方リスクは広がったと見る

    しかし人類社会はなぜ通貨希釈しちまうのだろかね 悲しい

  • 米債市場の上昇は誤りだった そう騒ぎになっとるわけだ
    夢だけ詰め合わせのVF評価額がどうなるか、それを考えるべき

    こんなにも高い値付け 維持なんて無理だろさ

  • のれん 5,400B
    SVF 10,700B
    投有証 8,600B
      計 24,700B (参考: 純資産 11,700B)

    これら、たった4%下落するだけで -1,000B 規模だ
    対してARM社の利益規模はせいぜい X00B

    ここの企業価値の本体はVFだ 夢だけ詰め合わせのVFなんだ
    ARMに気ぃ取られ過ぎ

  • >>No. 42

    4月下旬か 短信楽しみ
    波乱なくそこそこの業績で仕上がるのだろね 23.3期にゃ及ばぬながら

    四季報やコンセンサスでは次期見通しは切り下がってはいるものの
    これまたそこそこの数字だろさ


    被買収観測で、既に報道直前の1.5倍もの値付けがされとるけれども
    企業価値への値付けゲームの結末はいかに

    含み益もあろうしプレミアムも乗ろうとはいえ ちと割高に過ぎると見ちまう
    祭なんだろけれどもさ

  • VF資産価格1~2%下落でARM利益が消し飛ぶ そういう規模差
    債券市場は下落方向 なのに良くまぁこんな高値維持

  • >>No. 455

    シャイアー社の高値買いの後始末はさ
    武田が今まで永きに渡って積み上げてきたもので穴埋めしとるんだ

    事業の含み益を売却益出ししたり
    過去の知財の再投資を絞って配当出ししたり

  • >>No. 409

    タコ足配当がダメ出しされるのはさ 別に資金不足を心配されてのことじゃないんよね
    稼ぎ以上を放出して再投資が不足するからなんだ

    恐らく 償却 の本質の理解の問題だ CFを挙げて大丈夫って論になっちまうのは
    その誤解、知財が陳腐化しない世界設定になっとるせいじゃなかろか

    ・無形資産(=知財等)
     現実世界では、製薬の知財も陳腐化する

    ・のれん(=買収時の価格割増分)
     買収によるシナジーが上回らない限り無駄金

    先払いしてあるカネでも、費用は費用だから「会計上」償却するわけだ
    CF上は大丈夫、てぇ論はさ  今現金が出ていかないから大丈夫 = 過去に払ったカネなら損しても気にしない と言っているようなもの

  • >>No. 336

    近い将来の実力水準を 純益150M あたりで見とこっかね

    ただ、価格競争に巻き込まれとるようだ 急成長はもう考えにくい
    普通の小規模の 製造&システムサービス 業態として評価すべき

    @210~160円っくらいと値付け ショート継続で行く

  • >>No. 132

    IFRS基準 は企業利益の実力を測るてぇ面で、日本基準に劣る

    今回のアステラスみたいな「いきなり巨額減損」リスクはさ
    巨額な のれん・無形資産 を抱える「IFRS基準採用の企業」につきまとうんよね

    IFRS基準: 好調な時は費用小・利益大、不調な時にまとめて巨額減損が出る
    日本基準: 安定償却ゆえに、利益水準の実力が示される

    理解や労力で勝る大口がさ よくわかってない小口個人を喰い物にする基準なんだ IFRSてぇのは
    巨額のれん無形資産を抱える武田も、利益水準の実力をよくよく測らにゃならん

  • >>No. 109

    走り始めの新興企業てなさ 成長速度も不確実性が高いものだ

    経営側に一方的に文句垂れとるおひとで満ちとるけれども 市場側だって値付けがあまりに高過ぎたのが失策じゃなかろかね
    四季報でも、「競争激化で成約不調」 純益見通し 今期40M・次期150M とされとった

    価格競争に巻き込まれるてぇこた、もう急成長の夢からは覚めとくべきだった
    投資の人ならば 文句垂れる前にすべきことがあったということだろう

    私ゃここを 純益 100~200M 水準 @560~220円 と値付けしとったけれども
    競争激化で赤字なら更にリスクは下方に広がる もちろんショート継続だ

    ここの事業そのものは面白い 上手く行って欲しい

  • >>No. 424

    最後の黒字だった2018年はどうだったか?

     2018.8現在 純資産 29.4B  @1,050円 純資産1.0倍 程度

    そこから純資産が減り続け 現在と次期はどうか?

     2024.2現在 純資産 10.9B  @410円 純資産1.1倍 程度
     2025.8推定 純資産 6.5B  @XX0円 純資産X.X倍 ?

    仮に1.0倍程を保っても@220円とか もし0.7倍辺りなら@160円弱とか

    7年連続赤字を避けて黒字化するか?いや無理か?
    どう見るか次第じゃなかろかね

  • 米債市場はさ 中長期債で勝手に利下げを始めとったが
    中長期債買い上がったのはちと早かったのでは?てぇ騒ぎになっとるわけだ

    変調が顕になるまで引き締め続けるか 緩和しちまって通貨価値毀損が再進行するか
    通貨希釈の宴の後始末てぇのはツラいものだ

    ここのVFの資産価値は将来成長に頼るところが大きい 今の高い幻想資産価格はきっと保てない

    短期の値動きなど知りようはない 企業価値を自身で測るしかない

  • 利下げが後ろ倒し? そんな小さい問題なんかじゃない
    ソフトランディングなんてものはない って当然のことが今更明らかになりつつあるのが本質だろさ

    VFは今の幻想資産価格など保てないだろう
    よくこの程度の下げで留まっとる 感心しちまう

  • >>No. 397

    純益 -3B/y のペースか 純資産の削れが加速しちまっとる

    純資産: 2024.2現在 11B弱
     2024.8推定 9.5B 程度
     2025.8推定 6.5B 程度

    これ、まともに織り込んだら @220円 っとかそんな辺り
    (仮に純資産の1.0倍を保った場合でも、だ)

    損失の内容も、再建の一時費用っとかじゃない 粗利の低下だ
    単に売り負けとる てぇか利益出る価格で売れなくなっとるように見える

  • >>No. 144

    「相場の人」として ebisugaoさん も、とても重要なことを言い続けている

    >【安い時に買って、高い時に売る】
    これよ 正確には 下がった時に買い、上がった時に売る の意だろうけれども

    投資の人なら、将来業績と割高割安 を見る
    相場の人なら、材料と資金の流入出 を見る

    いずれの側から見ても、この状態の武田で 配当目的+長期保有 てぇ組み合わせは・・・

  • >>No. 140

    いや シャイアー社買収の前の数年からのおひとらは怒っても良い
    特に2015~2017年あたりの株主の多くはさ 配当加味しても@4,000でやっとトントンだからだ
    買収前に利益確定しといた方が得だった

    2019年以降の「下方で」拾えたおひとは儲けが出とる 現時点では
    利益を超す過剰な配当で買値が本来より高いままなのも喜ぶべきなのかどうか

    しかも 数年累計で見てもタコ足だから企業価値が減少しとる だから株価も長期減退
    再投資も不足しとるから利益が増えない パイプラインもやせ細る

    こりゃ成長企業のあり方じゃないんだ 成長が止まった成熟企業の姿勢だ

  • >>No. 132

    Core営業益 を経営指標に、とか そんなの是としとる大口株主の正気を疑っちまうが

    Core営業益が示されること自体はありがたい
    ざっくり日本基準に妄想換算し易いっから

    皆さんも一度、日本基準換算を試みると面白いやもよ
    企業価値を測るてぇ意味で

  • 実質売上は結構安定しとるのにさ
    四半期利益がこうにも乱高下しちまう

    なぜか? のれん(=買収時の価格割増分)・無形資産(=知財等)の償却タイミングが不安定だからだ
    まとめて減損される四半期が悪くなるわけさね

    企業価値を測るてぇ面で、IFRS基準は日本基準に劣る
    武田みたいに のれん・無形資産 が大きい企業にとっては特に

本文はここまでです このページの先頭へ