ここから本文です

 昨今、小売業では、従業員の人手不足の問題が重要な課題となっています。

 現在、NECは、店舗の省人化や無人化店舗の実現に向けて、各種の小売り業と協力して、NECが開発した「QRコードでのお客様確認や世界NO1の認証制度を有する顔認証AIエンジンを用いた映像解析技術を用いて人の識別を行う入店管理システム、自動釣銭機能が付いた完全セルフレジ、360度見渡せるドーム型ネットワークカメラを用いて店舗状況が確認できるクラウド型カメラサービス」を提供し実証実験を行っています。

 その一環として、この度、今回ローソンが実施する、深夜の時間帯の売り場の省人化を目指した店舗実験において、デジタル技術を用いた入店管理や関連する技術・サービスを包含する上記システムをNECが提供します。
 店舗実験は、8月23日(金)午前0時より約半年間、ローソン横浜市磯子区氷取沢町店舗で実施されます。お客様の利便性向上と安全・安心な店舗運営の実現に貢献できることが確認されれば、ローソンは勿論のこと、各種小売店への波及効果を狙う計画です。
具体的な方法は下記を参照して下さい。

(参考)
NEC、ローソンが実施するスマート店舗(深夜省人化)実験において入店管理システムやセルフレジなどを提供
2019年8月22日
日本電気株式会社