IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

膵臓がんは効果を示す薬剤が少なく、がんの進行をストップできる割合は15%程度、縮小する割合は5%程度とされているが、タカラバイオのC-REVの膵臓がん併用法の国内第一相試験の中間解析結果は6人中6人で進行スットプで病勢コントロール率は100%、がんの縮小が見られたのは6人中4名で奏功率は67%と非常に良好。
まだ、フェーズ1だけどうまくいけば、膵臓がん治療のファーストラインを目指せるレベルだと思う。