IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2018年9月7日  167,500株
2020年9月4日   44,000株
信用買いがずいぶん減ったので将来の売り需要が減ったともいえるし市場からの注目度が低下し、売り枯れ状態になったともいえる。

原油相場の下落で下期原材料価格上昇で利益減の過度な懸念が緩和された。
原油相場の下落からプログラム的に買われているのか。

テレワーク、テレ学習がじわじわ実感されて業績期待が広まっているのかも。
大企業は進んでても中小企業はこれからも多いし、中小学校もこれからが多いから。
四季報期待もあるのか?

本当はナノインプリントの耐久性向上技術とかの進展が一番なのでしょうけど。