ここから本文です

【情報提供:BMS社プレスリリース/活動性癌患者の静脈血栓塞栓症の治療のためのEliquis(アピキサバン)の実世界データ分析の調査結果を公表
】【Google直訳】

★引用:2019年12月7日土曜日午後4時(EST)BMS社プレスリリース/American Society of Hematology Annual Meetingの2つの口頭発表
⇒ ttps://www.bms.com/media/press-releases.html

当社は本日、低分子量と比較したEliquis®(アピキサバン)の安全性と有効性に関する結果を報告する現実世界の遡及データ分析の結果を発表しました活動性癌患者の静脈血栓塞栓症(VTE)の治療のためのヘパリン(LMWH)またはワルファリン(n = 14,086)。現実世界のデータ分析は、フロリダ州オーランドで開催された米国血液学会(ASH)年次総会での口頭発表で強調されました。

2番目の口頭発表では、一次研究のサブグループ分析の結果が、脚または肺に最もよく見られる血栓である再発性VTEを発症するリスクのさまざまなレベルに基づいて強調されました。調査結果は一般に一次分析と一致していました。エリキスを含む抗凝固剤は出血のリスクを高め、致命的な出血を引き起こす可能性があることに注意することが重要です。 Eliquisについては、以下の箱入り警告を含む重要な安全情報をご覧ください。

「このような実世界のエビデンス分析は、VTEや活動性癌の患者などの複雑な患者集団に関する追加の洞察を提供する可能性があります」と、Guys and St. Thomas NHSの血液学科コンサルタント医師であるAlexander Cohen医学博士財団信託。 「これらの分析の結果は、活発ながん患者の再発性VTEに関するデータの増加に歓迎されています。」(以下省略)

【コメント】【Google直訳のまま】URLにて原文データをご確認、投資は自己責任で。
活動性癌患者の静脈血栓塞栓症の治療にも治験経過を公表か?BMS社・小野薬品共に期待、創薬企業はこうありたいものです。患者さまのために迅速に上市を!

4528 - 小野薬品工業(株) 【情報提供:BMS社プレスリリース/活動性癌患者の静脈血栓塞栓症の治療のためのEliquis(アピキ